いずみ会計事務所のお客様体験談 〈公益法人の移行レポート〉
いずみ会計事務所の〈ケーススタディ〉公益法人
〈公益法人の移行レポート〉

公益社団法人 日本書作家協会様

いずみ会計とご縁のある「社団法人日本書作家協会」さん(以下「日本書作家協会」)が公益認定を受け、来年4月1日から公益社団法人として新たな一歩を踏み出されます!

日本書作家協会が誕生したのは昭和34年。
東京都中央区京橋に開設し、書道の普及を目的として書道通信教育講座等、書道関係業務を実施している公益法人です。

協会に入会して指導を受けている「会員」の方には、師範の資格を取得したのみならず、書道塾の開設指導を受けて書道教室を開設したり、さらに一流書道展の審査員になっている人も大勢います。

会員数は約2500名。日本各地はもちろん、海外の会員の方もいらっしゃるそうです。
「会員の皆様からは、ベテランの講師による丁寧且つ適切な指導が大変喜ばれています。」(日本書作家協会さん)とのこと。
どれほど上達しても、常に日々精進!日本書作家協会は、その精進の場でもあるんですね。

さて、公益認定にあたって、思いの外ご苦労されたことがあった、と聞きました。
それが「書道の級や段の制度」のことだそうです。
これには、私も「意外!」と思いました。

書道は昔からある、日本の文化そのもの。
そして「書道●級」「書道○段」なんていう言い方も、私たちの生活の中でおなじみになっていますよね。

日本書作家協会も、内閣府の認定委員会への事業説明はすんなりといくもの、と甘く考えていたようでした。

しかしふたを開けてみると「『級』と『段』の制度そのものや、それぞれの違いについて改めて説明しなくてはならなかった」とのこと。
「ある意味、当たり前のことだと思っていたので、
法律的に理論が通るよう、改めて説明するとなるとどう説明していいのかわからなかった。」
と、意外なところで苦戦されたようです。

公益認定を受ける上で、事業の説明に意外と苦労した、という話はよく聞きます。
当たり前のように公益性がある活動だ、と思ってやってきたことを、法律的に筋を通して説明するのは意外と難しいんですよ。
どの団体さんも、しっかりとした準備が必要です!

社団法人 日本書作家協会
(2013年4月1日より公益社団法人になります)
〒104-0031 東京都中央区京橋 2-2-5 近代ビル別館
TEL:03(3274)2398
FAX:03(3278)0064
E-mail:syo_sakka●nifty.com(●を小文字の@に変えて下さい)

お問合せはコチラから