いずみ会計事務所のお客様体験談 〈公益法人の移行レポート〉
いずみ会計事務所の〈ケーススタディ〉公益法人
〈公益法人の移行レポート〉

一般財団法人 全国豆腐連合会

いずみ会計のお客様の中には、 すでに移行認定・認可をうけたお客様もいらっしゃいます。 昨年12月に内閣府の答申を受けた 財団法人 豆腐会館さんに、 その移行認可の体験についてお聞きしてみました。

現行の公益法人は、平成25年11月までに
公益財団法人・公益社団法人への移行認定の申請
又は、
一般財団法人・一般社団法人への移行認可の申請
を行う必要があり、 移行が認められなかったり、 申請を行わなかった法人は解散したものとみなされる―

これが、いわゆる「公益法人制度改革」の概要です。

お話は、橋本一美専務理事にうかがっております。

―公益法人制度改革で、法律の施行後、5年間の移行期間内に申請が必要となりました。

橋本氏「私はずっとこの財団に籍を置いていたわけではなく、 前職がありました。
前職のうちに公益法人制度改革があることを知り、 省庁のセミナーなどにも出席して大体の内容は把握しておりましたが、 まさか自分がこの制度改革の当事者になるとは思ってもいませんでした。」

―移行認定の申請に向けて、大変だったことと、そうでもなかったことは?

橋本氏「大変だったことは会計の面ですね。
法人がこれまで処理してきたものとは違う 新しい会計基準にあわせて組み替えていく作業がありましたので、 かなりの手間がかかりました。
頭の中で理解していたことを実際にやってみるのは全然違って、 本当に大変でした。

逆に、弊法人の場合、定款についてはそれほど苦労なくできたと思います。
というのも、弊法人には2つの連合会法人がありますから、 組合法に基づく定款は日常的に取り扱うことが多いんです。
定款の構成なども大枠では理解しておりましたので、 一般財団法人用の定款例を参考にしながら 比較的スムーズに作成できたと思います。」

―2012年4月1日から一般財団法人に移行されます。

橋本氏「昨年12月に答申を受けて、現在登記の準備中です。

これまでは申請のために公益事業のさらなる充実等を進めてきましたが、 これからは一般財団法人として、 これまで以上に公益事業の拡充をしていきたいと思っています。」

―いずみ会計に一言。

橋本氏「申請後の所管行政庁とのやりとりでも、 電話等で呼び出して適切なアドバイスをたくさんいただきました。
弊法人の事情もよくご理解いただいておりますので、 今後ともよろしくお願いいたします。」

■財団法人 豆腐会館
東京都台東区上野1-16-12全豆ビル
電話: 03-3833-9351
FAX: 03-3833-9353

お問合せはコチラから